アイフォーン.com  本文へジャンプ


月々490円で使い放題のDTI SIM。評判とは違った評価をしてみた。

DTI SIMドコモのFOMA回線を借りて自社回線として提供するMVNO。ここで紹介するDTI SIM、そしてb-mobileのイオンSIMやIIJmio、楽天ブロードバンドLTE。その他、探せばたくさん出てくるMVNO業者。その多くは、通信速度100kbps〜150kbpsで月々の支払額は1,000円程度で使い放題。ドコモやソフトバンクのデータ通信費と比べると破格の値段です。中でも群を抜いて安いのがDTIの「ServersMan SIM 3G 100 」というサービスなのです。
490円で使い放題。けど通信速度は100kbpsというプランです。

と、その前に…
最近話題となっているドコモのXi(クロッシー)や4G LTE。最大下り速度は75Mbps。速さを売りにしている新しいデータ通信です。
でも従来のデータ通信契約よりも月々の支払額が1,000円程度増えてしまうのが難点です。
人気のiPhone5なんて、このLTEプランしか選択肢が無いのですから困ったもんです。

実際にXiやLTEってそんなに速いのでしょうか? ネットで調べてみると平均で12Mbps程度。条件が良くても30Mbpsを超えることはめったに無いようです。

我が家のwifiの通信速度ちなみに左画像はアイフォーン4Sで測定した我が家のWi-Fi通信の速度です。auひかりのギガバイトプランに5年以上前に購入した54Mbpsの無線LANアクセスポイントに接続しています。下り25Mbpsです。
頑張って30MbpsのXiやLTEって、絶賛するほど良いとは思えないのです。
ならば、Wi-Fiの使えない外では速度をあきらめて、「つながればいいや…」という観点から、上記のMVNOを選択するのも通信費を抑えるひとつの手段と言えるのではないでしょうか?

そこで選んだのが、月々490円ともっとも安いDTI SIMだったのです。ベストエフォートで100kbpsの速度が使い放題!
で、実際はこんな感じです。
DTI SIM 速度 速い時 DTI SIM 速度 遅い時
左が深夜0時。なんと130kbpsの速度が出ています。ネットもストレス無いです。(動画は無理ですが)
そして右が夜7時。10kbps…。使い物になりません。みんなが利用するお昼時も速度が落ちます。
みんなが寝ている時は私も寝てます。そんな時間帯だけ普通に使えるDTI SIMはやっぱり評判悪くても仕方ないのかもしれません。

だから今は「楽天ブロードバンド LTE」も使っています。

楽天ブロードバンド LTE エントリープラン

価格:7,149円
(2013/1/15 19:14時点)
感想(2件)

"も"ですから…
実はDTI SIMもしっかり使っています。なんといっても月490円は魅力です。


実は、「ServersMan SIM 3G 100」には速度アップオプションがあるのです。その名は「3G Unlimited」
3G Unlimitedアイフォーンに速度制限解除アプリをインストールして必要に応じて切り替えて使ってます。追加容量と費用は、100MBで263円。500MBで1,315円、1GBで2,630円です。普通はまとめ買いしたらお得になるような値段設定をすると思うのですが、そんな配慮はないようです(笑)

そして速度制限解除したのがコレ。
3G Unlimited 速度制限解除 3G Unlimited 速度制限解除したけど遅い
左は1.27Mbps。つまり1,270kbpsです。最高で2Mbpsを記録した時もありました。いつもコレなら快適なのですが、右画像は440kbps。ノーマルの100kbpsとは雲泥の差ではありますが、速度制限解除してのこの数値はさびしくは無いですか?

月々490円。速度制限が100MB単位で263円。月1回の補充なら月支払い額は753円です。

イオンSIMの400kbps(プランB)は月々2,980円ですから、それを考えると我慢できると思いませんか?


DTI SIMの弱点は、利用するユーザーが増える時間帯は極端に通信速度が落ちます。回線が細いのでしょうか?
でも、外でメールチャックやtwitter、LINEをたまに利用するだけの私にとっては十分なのです。正直、不自由する事もあります。

でも、ドコモのXi(ソフトバンク、auならLTE)を月5,000円も払って「速ぇ〜」と喜んで使うほどお小遣いに余裕がありません。家族でアイフォーンを4台使ってますから…

DTI SIMのWEBサイトはこちら(別窓)です。2年縛りはありませんので好きな時に解約できます。最近は通常SIMに加えてmicroSIMも提供しています。動作確認端末(スマホ)はこちら(別窓)です。

ドコモ HW-01CDTI SIMはモバイルルーター、ドコモHW-01Cで使ってます。アイフォーンと2つ持ち。さらには毎日の充電作業が必要となってしまいますが、おおむね満足しています。HW-01Cの大容量バッテリーは欲しいのですが…
   

それから、DTI SIMに限らず、データ通信を契約する場合はmicroSIMを選択するようにして下さい。最近のスマホはmicroSIMの製品が多いからです。機種を変えた時の対応が楽になります。
HW-01Cは標準SIMです。microSIMを選んだ場合、標準SIMへの変換アダプタが必要になります。ヤフオクで仕入れても良いのですが、アマゾンから破格で購入できます。私はこれを買いました。
送料込みです。


余談ですが…
余ったスマホにDTI SIMを挿してミニタブレットとして使うのもお勧めです。私はドコモの4.6インチ、スマートフォンのP-06Dでやってます。
無料で30GBものクラウドサービスを提供するNドライブを利用します。Nドライブにアップした仕事のデータ(図面や見積もり等)を客先でネットを介して見ることができます。本当はiPad miniが欲しいんですが(笑)
今回紹介したDTIでも月490円からクラウドサービスを提供しています。

仕事で利用するなら先のわからない無料サービスは避けたいところ。なら、月々490円で10GBのDTI、「仮想専用サーバーServersMan@VPS」は一考の価値はあると思います。
DTIではドメインの取得もできます。(UbicName)
別々の業者で利用するなら、支払いを一本化できるDTIもお勧めです。
[上へ戻る]

http://アイフォーン.com/ (http://xn--cckep9ovf2b.com/)