大切なiPadには液晶保護フィルムとケースが必需品

アイフォーン.com トップページに戻る


管理人が購入したiPadは第4世代。iPad4と呼ばれてるものです。
便利そうなアプリをダウンロードして、使い込んでいくと、本当に便利な道具なんだなと思えてきます。ゲームや動画の閲覧だけじゃぁ勿体無いですよ(笑)

とにかく便利はiPadも、難点は値段が高いこと。
管理人のiPad4、16Gだって4万円以上しますから…。iPad4が発売されたのに、iPad3の中古価格もなかなか落ちないですよね。
iPad4の32Gや64Gだとさらに高価。ぽんぽん買える、または買い換えるものではありません。


そこでせっかく買ったiPad。
キレイに使いましょう!
オレはずっと使い続けるからキズや汚れは気にしない、という方も保護フィルムとケースは使いましょう。

だって、数年後に新しいiPadが欲しくなった時に、今使ってるiPadは絶対に売るはずです。
その時に、2万円で売れるか、3万円で売れるかの差がついてしまいます。
今は売るつもりがなくても、状況はどう変化するかわかりませんよね。


液晶保護フィルムのキレイな貼り方
管理人ははじめに貼った液晶保護フィルムは、ケースに付属していた透明フィルムです。
微粘着の粘着層がフィルム一面に塗布されています。

ホコリが着かないように、気泡が入らないように慎重に貼りましたが失敗しました…
気泡はなんとかなりますが、ホコリが入ってしまい、フィルムを剥がしてはホコリをテープで除去したのですが、何度もやっているうちにフィルムに爪折れができてしまいました。おまけに気泡も完璧に取り除くことはできませんでした。

それでも納得して使っていたのですが、結局貼り替えることにしたのです。
   
私が購入した誰が貼っても気泡が入らない、「気泡ゼロフィルム」です。
iPad 気泡ゼロ フィルム
写真を見て頂くと、場所がお風呂場な事がわかると思います。
ゴミ袋を敷いてiPadが濡れないようにして、保護フィルムの貼り合わせ作業を行いました。

はじめに貼ったフィルムはコタツの上で作業を行ったのですが、やはり風呂場の方がホコリが少ないようです。
実際、貼り合わせ作業中にセロテープで除去したホコリは1つ。簡単に貼れてしまったのです。

気になる気泡ですが、これが全く入りません。
貼り位置がズレていたので一度剥がしたのですが、それでも気泡が入りません。
種明かしすれば、このフィルムは粘着剤がドットになっていて、その隙間から気泡が逃げてしまうのです。
だから誰が貼っても気泡ゼロなんですね。
気泡ゼロ 信じられない仕上がり
一番表面のフィルムを剥がしているところです。
見て下さい、この仕上がり。
信じられないくらい何もないです。前回はかなり苦労したのですが、今回は簡単に貼れてしまいました。
時間は5分程度です。
   
気泡が気になる人には絶対におススメです。値段も高い物ではありませんし。


iPadのケースについて
液晶面をしっかり保護した後は、iPadの裏面も保護してあげましょう。
無造作に机に置いたりしているとキズが付きます

ケースは好みで良いと思いますが、スタンドになる事と、ふたがマグネットになっていて、ふたを開けるとiPadが起動し、閉めるとiPadがスリーブするケースが便利だと思います。
 
シリコンケースはいかにも安っぽいので避けたいですが、1000円〜5000円程度の中で自分のお気に入りを選ぶと良いと思います。

[上に戻る]