iPadで使うスタイラスペンのランキング

アイフォーン.com トップページに戻る


スタイラスペンiPadを仕事で使おうと思った時に、必需品となるのがスタイラスペン(タッチペン)。
会議中にiPadでメモ取ってる時に、iPadを指で操作してたら、遊んでるのか?と思われてしまいます。スタイラスペンはビジネスシーンでは不可欠なアイテムですよね。

タブレットやスマートフォン全盛の今、各メーカーからたくさんの種類のスタイラスペンが販売されてます。家電量販店に行けば簡単に手に入るスタイラスペン。値段も1,000円〜3,000円ほどで、けっして高価な商品ではありません。たくさん種類があるから迷ってしまいます。

悩んだ末に買ってきたスタイラスペン。いざ、アイフォーンやiPadで使ってみると、反応が悪い、すべりが悪い等々…。まともに使えるスタイラスペンって意外に少ないんです。
管理人の持っているスタイラスペンは4本。その4本をランキング(比較レビュー)してみたいと思います。


スタイラスペンのランキング
まずはyoutubeにアップした動画をご覧下さい。

動画で使っているスタイラスペンは4本。
@100円ショップで購入したスタイラスペン
AELECOMのAVA-PA10TPBK(定価 2,100円)を家電量販店で980円で購入
Bパワーサポートのスマートペン(定価 1,980円)
CJOT Pro アマゾンで2,660円

です。

表にしてみましょう。

No. 概観 長さ ペン先 セールスポイント 指を10とした時の
操作感と使い心地
レビュー・評価
@ 14.5cm 1本100円は安い。
反対側はボールペンになっている。
操作感は3
すべりが悪く、文字は書けない。
タッチは問題無し。
100円だから外れでも後悔しない。ボールペンとしては使えるし…
ゴムが柔らかい事とすべりが悪いので、思い通りにペンが走らない。細かい文字を書くことは不可能。
A 11cm イヤホン部に差し込めるストラップ付き。やわらかいペン先。 操作感は6
反応、追従性、共に満足できる。
ペンが細すぎるのが難点。
ほぼ普通に使える。
量販店では定価の半額で売られているのでリーズナブル。太さと重さがあればもっと使いやすいと思う。
B 11.8cm ソフトタッチで確実な反応。
スムーズな操作感、筆記感。
優れた耐久性。
操作感は9
指での操作とほとんど変わらない。いや、指より良いかも?
走り書きしても追従するのは立派。
ネットでの評判通りで使いやすい。
iPad、iPhoneともに使い心地は良いがペンとしては軽すぎる。
現在は製造していないので入手困難。ようやく見つけた在庫はピンクのみ。
C 14.5cm ダンパー機能で自然な使い心地。
透明ディスク採用でペン先が見える。
ボールポイント採用で45°まで傾けられる。
操作感は1
反応が悪い。厚い保護フィルムに変更後は
まるっきり使い物にならなくなった。
保護フィルム無しなら使える。
極細のスタイラスペンと言えばJot Proなのですが、文字の書き出しはほぼ無反応。ファーストタッチで止めないとダメ。ペンとしては使いやすい重さと長さなだけに残念。

使いやすい順に「パワーサポート スマートペン」→「ELECOM AVA-PA10TPBK」→後は無し。
100円ショップ購入のスタイラスペンとJOT Proは残念ながら使い物になりませんでした。
ペンのタッチ感はJOT Proが群を抜いてます。ボールペンで書いてるのかと錯覚してしまいます。が、いかんせん反応が悪すぎ。改良して使えないものだろうか? 思案中です。


使ってみたいスタイラスペン
手持ちのスタイラスペンの中では、パワーサポートのスマートペンの一人勝ち。でも製造してないから在庫がある店を探すのに一苦労です。
ネットでスタイラスペンのレビュー動画を見たり評価比較サイトを閲覧したりしてますが、
パワーサポートのスマートペンと同等かそれ以上かも?と期待できるのはSu-Pen CLモデル P170M-CLB(ブラック)のみ。
アマゾンで2,980円。↓コレ。カラーは黒、青、白の3色です。
   

新型Su-Penのペン軸(P170M)と金属感が人気の従来型のASモデルのセットはコレ↓。

燕三条の磨き職人が作ったSu-Penです。重さと太さに拘る方はこちらがおススメです。

一応ヤフオクで物色したけど誰も出品していないようなので、アマゾンで注文してしまいました。
パワーサポートのスマートペン対Su-Pen CLタイプ。果たしてどちらが使いやすいのか?
両製品を同じように使ってみてレビュー記事を公開するつもりです。

パワーサポートのスマートペンとSu-Penの比較ページを公開しました。

[上に戻る]