アイフォーン.com  本文へジャンプ


au版 iPhone4S(iOS6.0)のSIMロック解除

SIMロック解除アダプタ GPP家族みんなでアイフォーン4S。キャリアはドコモです。SIMロック解除作業はとても簡単です。
今までSIMロック解除したアイフォーン4Sは全てソフトバンク。au版のアイフォーン4Sは今回が初めてなのです。
SIMロック解除作業は本当に簡単です。SIMを入れ替えるだけですから。
大事なのは本物のSIMロック解除アダプタを手に入れることなのです。本物さえ手に入れば100%解除可能です。(iOS6にアップデートしたiPhone4だけは無理です)
     
左が今回使用したauとソフトバンク兼用のアダプタ、隣は今まで使用していたソフトバンク用のアダプタです。SIMロック解除アダプタはGPPとGEVEYがありますが、GPPで外れた事が無いので、ずっとGPPを使ってます。
ネット上、特にヤフオクに出品されている安物はニセ者の場合があります。ニセ物のSIMロックアダプタでも解除できてしまう場合もあるようですが、やはり本物が安心かと思います。


SIMロック解除作業の前に…
アイフォーンのアクティベートが済んでいない場合は、まずアクティベートからです。
iPhoneのアクティベート灰色の画面から先へ進まず、ホーム画面にたどり着けません。アイフォーンのSIM(解約したSIMでも可)が必要です。
無い場合には契約しているSIMを10分ほど友人から借りるか、アマゾンで購入しましょう。
 
アクティベートが済んでホーム画面にたどり着いたらSIMロック解除作業です。


au版 iPhone4S(iOS6)のSIMロック作業
P-01EとSIMロック解除アダプタとアイフォーン4S左が契約してるFOMAのP-01E。そしてGPPのSIMロック解除アダプタ。au版のアイフォーン4Sです。今回のGPPはソフトバンク、au兼用、iOS6対応のアダプタを購入しました。

P-01Eのドコモ契約のmicroSIMをauのアイフォーン4Sに移植します。

@準備
SIMロック解除アダプタの中身 中身を取り出す GPP付属のSIMをトレイにセット
GPPのSIMロック解除アダプタの中身を取り出します。付属のトレイに基盤とGPPに付属しているSIMをセットします。
最終的にアイフォーンに入れるドコモSIMはわきに置いといて下さい。

AGPPのSIM挿入
GPPのSIMを入れるアイフォーンは電源を入れた状態です。
@で準備したトレイ+GPP付属の基盤+GPP付属のSIMをアイフォーンに挿入します。そしてしばらく待ちます。2〜3分待っても画面が変わらない場合は接触不良かもしれません。SIMを入れ直して下さい。

B元のキャリアを選択します
キャリア選択画面 了解をタップ
画面が自動で切り替わります。
元キャリアを選択(この場合はJP AU)し、次の画面で了解をタップします。

Cあとは待つだけ
ホーム画面に戻る
自動でホーム画面に戻ります。
SIMなし 圏外 検索中 NTT DOCOMO
左上の「SIMなし」が切り替わるのを待ちます。3分程度かかります。「NTT DOCOMO」と表示されれば作業終了です。

D確認作業
キャリアの確認アイフォーンのホーム画面から、設定→一般→情報で表示されるキャリアを確認します。
左画像のようにアイフォーンに入れたSIMのキャリアが表示されていればOKです。作業は全て完了しました。


余談ですが…
アイフォーン4Sのソフトバンク版の場合はGPP付属のSIMを入れて元キャリアを選択する作業はありません。
トレイ+基盤+ドコモSIM」を入れるだけでCになります。
 
使ってるSIMロック解除アダプタです。こちらの場合はさらに簡単です。新しいSIMを基盤に重ねて入れるだけですから。


インターネット接続
SIMロック解除が終了し、ドコモSIMで通話ができるようになりました。しかしこの状態ではモバイルデータ通信ができません。このアイフォーンでモバイルデータ通信を行う場合は、モペラU等のプロバイダー契約が必要になります。
どこのキャリアも共通してデータ通信の料金は高いです。当サイト内で紹介しているポケットWi-Fi運用(別窓)が望ましいと思います。
その場合には、SPモードの315円とパケット定額等の契約を解除します。必要無いですから。

また、通話のみで利用する場合も解除して下さい。SIMを入れ替えただけのiPhone4Sはどうやってもモバイルデータ通信できません。(Wi-Fiは使えます)
使えない状態の契約を残しておく必要は無いですね。

つまり780円または980円の基本料金のみでドコモのFOMA回線を使うことになります。


ドコモ回線になって
ずっとソフトバンク契約のアイフォーンを使っていましたが、SIMロック解除してドコモ回線を使うようになって、その通話品質の高さに驚いています。明らかにドコモ通話の方がクリアです。

SIMロック解除は自己責任で行うことになるのですが、失敗した場合には(失敗は無いと思いますが)元の携帯にSIMを戻せば良いだけです。アイフォーンを中古ショップやヤフオクで購入しなければなりませんが、月々の利用料金で元は取れるはずです。

エコタンならiPhoneを山ほど売ってます。
また、一括0円で購入した場合や本体代金を支払っている場合は、その不要になった本体を売却することも可能です。最新スマホなら、中古購入したアイフォーン4Sよりも高い金額で売れるでしょう。元は取れるどころかおつりがきます。

注意点を繰り返しておきます。
上記しましたが、ソフトバンク版にしろau版にしろ、iPhone4でiOS6だった場合はSIMロック解除できません。iOSのダウングレードが可能な場合はSIMロック解除はできるのですが、CydiaでSHSHが保存されている事が絶対条件になります。
↑何を書いているか意味のわからない人には、なおさら無理です。アイフォーン4を購入する場合にはiOSのバージョンを必ずチェックしましょう。


[上へ戻る]

http://アイフォーン.com/ (http://xn--cckep9ovf2b.com/)