アイフォーン.com  本文へジャンプ


ソフトバンクのデータ通信 ULTRA SPEEDを契約しました

softbank ULTRA SPEED
ウルトラマンのCMでお馴染み?のソフトバンクの超高速モバイルデータ通信、ULTRA SPEED。モバイルWi-Fiルータの007Z(33,600円)が一括9800円だったので契約してみました。月料金は2,480円で使い放題です。
ウルトラスピードって何だ?って方にちょっと説明。

最近はドコモのXiやソフトバンク、auの4G LTEっていう速さを売りにしたデータ通信が宣伝されているのを見たことがあると思います。ちょっと前までは、このウルトラスピードが最速でしたね。
ウルトラスピードは上図の通り、4G LTEより速度が遅く下り最大42Mbps。でも3Gハイスピードの約6倍の速さのデータ通信プランです。

気になる料金プラン
ウルトラスピード(ウルトラWi-Fi)の料金プランは2つ。
@データーし放題:1,400〜4,980円/月
Aデータし放題フラット:3,880円/月

そしてモバイルルータ、007zの端末代金が月々割で1,400円が引かれます。端末を一括で購入した場合の月々の利用料金は、
@データーし放題:0〜3,580円/月
Aデータし放題フラット:2,480円/月

と、激安プランに化けてしまうのです。
※ 別途15円程度のユニバーサル手数料がかかります。この料金の適用は2年間です。
月980円の楽天モバイルLTEと月490円のDTI SIMの安さにはかないませんが、なんたって速度が違います。一番速度が遅いDTI SIMを解約することにしました。DTIは違約金が無いのがうれしいです。


ウルトラスピードの使い心地は最高!
モバイルルータ 007z私は007zの端末代の9,800円をヤ○ダポイントで支払いましたが、携帯ショップを回ってみると、一括4,800円の店と、なんと一括0円の店がありました。ちょっと早まったかも? もう契約してしまったので後の祭りです。

ちなみに近所のエコタンで一括0円でした…

1枚のSIMカードに2回線入っているさて、ウルトラスピードと007zの使い心地ですが、さすがに速いです。速さの説明の前に、メイン回線とサブ回線について書いておきます。007zは2回線でデータ通信ができます。SIMカードは1枚です。

通常はソフトバンク(SB)のメイン回線を使いますが、1ヶ月の利用が3GBを超えてしまうと翌月に速度規制されてしまいます。サブのイーモバイル(EM)回線は、1日の利用が300MBを超えると、当日の21時〜翌2時まで速度制限されます。
私の使い方では縁の無い数字ですが、動画をたくさん見てメイン回線が規制されてしまったら、サブ回線に切り替える、とか、地下鉄でソフトバンクの電波が弱い場合にイーモバイル回線に切り替える等の使い方をします。2つの回線を1枚のSIMで使えるって便利ですね。

007z status切り替えは簡単で、iPhoneに無料アプリの007z statusをインストールします。このアプリでメイン・サブ回線の切り替えと接続、切断、または自動接続等の設定を行います。

007z statusのメイン画面右画像はアイフォーンで表示される007 statusのメイン画面です。上半分はルータの007zの液晶と同じ表示となります。
ネットワークはメイン(SB)を選択しています。接続は自動が選択され、今は接続されている状態です。

ルータ自身の細かい設定はPCからルータに接続して行います。「007z 設定」で検索すると説明サイトがたくさん出てくるので、そちらを参考にして下さい。設定項目は少ないので簡単です。

もっとも、ルータですから細かい事はあまり無くて、電源の入切と充電だけを気にしてればいいようです。


実際の通信速度
まずはUSBでパソコンに接続された状態でアイフォーンとWi-Fi接続します。
ソフトバンク回線の速度 イーモバイルの速度
左がメインのSB回線で右がサブのEM回線です。20Mbpsと16.5Mbpsなので十分な速度が出ています。

 
左はルータ単体、通常使用での平均的な速度(12〜15Mbps)で、右はお昼時の混雑で速度が落ちた時(5Mbps)のものです。もちろん地域によって差があります。
このくらいの速度が出ていれば、ネット閲覧に不自由はしません。今までのデータ回線はこれの1/10程度でしたから(汗)

メインのSB回線とサブのEM回線の速度ですが、出先での時間潰しもかねて、いろいろな場所で速度測定を行ってみました。どちらもベストエフォート45Mbpsなのですが、サブのEM回線の方が安定しているようです。もちろん速度もSB回線の1.5倍〜2倍程度出ています。SB回線の方が速かったのは自宅のみ…。都内および都内近郊での結果です。おそらく1.5GHzのSB回線は利用している人が多いのでしょう。私の行動範囲では、空いてるEM回線をメインとして使う方が良さそうです。


007zの弱点
安くて速くて、と良い事ばかりのウルトラスピードですが、ウルトラWi-Fi 007zに弱点があります。それはバッテリーの連続駆動時間が4〜5時間な事。ドコモのHW-01Cも似たようなものなので、ルータなんてどれも同じだとは思いますが、他が快適なので気になるのです。使い方は人それぞれ、あくまで私の場合です。

Wi-Fi接続しているアイフォーンがスリーブ状態になれば、10分程度で007zの通信は切れるのですが、それでも朝100%のバッテリーがお昼過ぎには残りの棒が1本になります。007z statusでWi-Fiを切断するとか、007zのWPSボタンでWi-Fiを切断すればもっとバッテリーは持つのでしょうが、面倒で…

バッテリーの2台持ちか、充電器を持ち歩くか、バスタブを買うか…。
   
値段を第一に考えるなら、バッテリーか充電器の購入。充電器なら携帯屋でも打ってるし、アイフォーンのバッテリが少ない時にも使えます。
が、これだとアイフォーンと007zとバッテリーまたは充電器の3個持ち。さらには帰宅してからの充電が忙しそう。面倒くさい…

じゃぁバスタブ買うか、って高いしルーターが、ゆで卵みたいな大きさになるんですよね。

そして悩んだ結果が、バスタブ購入! 持ち物が増えないし夜中に充電しておけば、ノーマルバッテリー(1,900mAh)の3.1倍の5,900mAh。1日余裕で持つそうだし。出費は痛いですが、仕方ないですね。

実は明日夜に到着します。バッテリー残量を気にしながら使うのも明日でラストです。
バスタブが到着したらレビューします。

買っちゃいました。大容量バッテリー
↑続きをどうぞ!

[上へ戻る]

http://アイフォーン.com/ (http://xn--cckep9ovf2b.com/)